【平昌五輪】宮原知子の得点は「盗まれた」? まさかの「68.95点」に海外から疑問の声続々

1:2018/02/12(月)07:20:49 ID:
平昌五輪は11日にフィギュアスケート団体予選が行われ、女子ショートプログラムで宮原知子(関大)が出場。
68.95点で4位に終わったが、華麗な演技にも関わらず得点が伸びなかった日本のエースに対するジャッジに
「サトコ・ミヤハラ(のポイント)は盗まれた」とツイッター上で海外ファンから疑問の声が上がっている。

意外と伸びなかった宮原の得点にツイッター上では疑問の声「正義が感じられない」

 まさかの展開だった。映画「SAYURI」の美しい調べに合わせ、「ミス・パーフェクト」の異名に相応しい
演技を終えると、大きな笑顔とともにガッツポーズを見せた宮原。氷上で満足感を示していたが、まさかの展開が待っていた。

 得点を待つキスアンドクライ。やがて表示された得点は「68.95」。よもやの数字を目にすると、
驚いたようにも見える表情を浮かべた。冒頭のジャンプが回転不足と判定された格好だが、採点に驚いたのは
日本だけではなかった。

 スコア発表直後、世界中のフィギュアファンから残念がる声が沸き起こっている。(以下略)


ソース=https://the-ans.jp/news/17397/
続きを読む