【動画】羽生結弦、高校時代はイジメの対象だった!? わざと大きな声でしゃしゃるな”“調子に乗るな”やっかみを言う生徒多数(・・;)



(出典 i.ytimg.com)


底辺のクズばっかの学校なら仕方ない

1 豆次郎 ★ :2018/03/08(木) 23:19:37.97 ID:CAP_USER9.net

3/8(木) 16:00配信
NEWS ポストセブン
羽生結弦、孤独だった高校時代 やっかみも意に介さず

「孤独」と向き合っていた高校時代
「孤独な木は、仮に育つとすれば、丈夫に育つ」とは、イギリスの名宰相チャーチルの言葉だ。寄り集まって「森」を作るほうが、生存のためには有利に違いない。「荒野」で芽吹いても、多くは生き残れない。しかし、たった1本で立ち、寒暖や風雨という悪条件に耐えて成長したなら、森で育った木とは違った、「特別な木」になる──。

「『(孤独は)ある』と言ったほうがおもしろいですかね?(笑い)なくはないです。以前は『すごく孤独だな』『誰もわからないだろうな、この気持ち』と思いながらやっていました」

 史上最年少での国民栄誉賞が検討され、平昌五輪での連覇のフィーバーの余波が続く羽生結弦(23才)は2月27日、日本記者クラブでの会見でこう語った。記者からの「孤独感はあるか」「どう向き合っているのか」という質問に、羽生は冗談を交え、どこかサバサバした表情で答えた。

「いつもニコニコしているし、愛想はいいんです。でも、とにかくビッグマウスで、“カッコつけ”だの、“ナルシスト”だのと言われ、友達は多くなかった。むしろ、彼は“嫌われてもいいや”ぐらいに思っていたように思います」

 幼い頃から図抜けたトップスケーターだった羽生が「孤独」であり、「孤高」でなかったはずがない。しかし、羽生にとって孤独は、苦痛ではなかったのかもしれない。高校時代の同級生が言う。

「学校で笑顔を見たことはほとんどありません。友達も全然いなくて、授業のノートを見せ合ったりして仲がいいなという印象だったのは、野球部の男子1人と陸上部の女子1人ぐらいでした。むしろ、友達をつくろうという気もなさそうな感じ。今でも連絡を取り合う高校の同級生は、その2人ぐらいじゃないですか」

 羽生が通った高校は、スポーツの名門高校として知られる東北高校(仙台市)だ。ダルビッシュ有や宮里藍が卒業生で、優秀なスポーツ選手は多いが、羽生は当時からレベルが違った。

「全国区で活躍する生徒は多かったけど、しょせんは国内の話です。同級生には、ソフトテニスで高校世界1位になった子もいましたが、ソフトテニスでは注目度も低いし、高校レベルでしかない。そんな中で、羽生くんは大人相手に世界トップクラスで戦い、海外遠征で飛び回っていました。しかもフィギュアはメディアの関心も高い。

 たまに羽生くんが学校に来ると、わざと大きな声で聞こえるように“しゃしゃるな”“調子に乗るな”とやっかみを言う生徒がたくさんいました。でも、羽生くん自身はまったく意に介してない様子でしたね」(前出・同級生)

 高校3年生の夏、実力強化を図るべく名コーチのブライアン・オーサー氏の門を叩き、練習拠点をカナダ・トロントに移した。

 高校の卒業式は欠席。親しい友人には「学校は嫌いだった」と漏らしたこともある。

「カナダでの生活は、自宅とリンクを往復するだけ。母親はずっと一緒に暮らしていますが、カナダでスケーター以外の友人はいないのではないでしょうか。羽生は必要以上の英語も勉強していなかったようなので、積極的にコミュニケーションをとって友人をつくろうとも思っていなかったのでしょう」(スポーツ紙フィギュア担当記者)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180308-00000017-pseven-spo

★1がたった時間:2018/03/08(木) 17:44:25.47
※前スレ
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1520510399/


続きを読む