アメリカ海軍の病院船「マーシー」、横須賀に入港

1:2018/06/13(水)17:55:05 ID:
FlyTeam ニュース
アメリカ海軍は2018年6月10日(日)、アメリカ海軍の病院船「マーシー(T-AH-19)」が横須賀基地に入港したと発表しました。
病院船「マーシー」の日本寄港は今回がはじめてです。

「マーシー」はパシフィック・パートナーシップ(PP18)に参加し、ベトナム・ニャチャンへの入港で
海上自衛隊の輸送艦「おおすみ(LST-4001)」と日本到着前に交流を深めています。
日本への寄港は、船舶の能力の確認・実証と、アメリカ軍と日本との関係強化や慈善活動が目的です。

横須賀への寄港で、海自の医療関係者と、各種課題の意見交換、医療シンポジウムの開催、人道支援・
災害救援(HA/DR)訓練時の体制について意見交換します。
その後、東京では政府関係者、メディア関係者、住民を招いたツアーを開催するほか、
乗員による医療セミナーの開催を通じて、マーシーの医療能力を紹介します。

東京港では、6月16日(土)に東京港大井水産物埠頭で一般見学会を開催します。この見学会は事前募集で、
すでに参加申し込みは終了しています。
東京訪問後は再び、横須賀に戻り、船舶、航空機、施設の能力の披露や確認を行います。

(以下略)

https://flyteam.jp/news/article/95657


【関連記事】
>米海軍の巨大病院船が極東に展開「裏任務」は朝鮮半島有事への最終 ...
産経ニュース-2018/03/18
米海軍の病院船マーシーが6月に東京港に寄港する。この一報に接し、朝鮮半島有事に備えているのでは、
との観測が頭から離れない。朝鮮労働党の金正恩委員長は平昌五輪と韓国の文在寅大統領の「北朝鮮好き」を利用し、米国の ...
--------
【お知らせ】
偽テンプレを貼る荒らしが現れましたら
通報協力をお願い致します。
--------
続きを読む