相続の時に大暴れして遺産をひとり占めした兄の代理人から油絵を渡された

169:名無しさん@おーぷん 2015/11/06(金)17:14:25 ID:???

良い話
なんだか良いかなんだかわからない、もやややる話です。先日、私が仕事から帰ってくる、リビングの景色が変わっていた。
畳くのの大きな油絵が、テレビの脇にドドンと鎮座している。
どこかの田舎の景色で、青空と緑の畑が広がっていて、
背景に一軒の家があって、手前に紅い芥子の花が咲き乱れている。
私「何それ?」
母「Aからもらった」
Aのようなは母の兄だが、相続の時に大暴れして遺産をひとりとめようとし、
それ以前はA一家って色々と香ばしい言動もあり、
他の親戚一同から「こんなはした金であったと
縁が切れるなら安いもんだ」とタンカを切って遺産ひとりめめの代わりに縁を切った。
30年前のことで、その後はうちも家とは連絡を取っていない。

母が言うには、今日の昼間いきなりAの代理人 名乗る人物から電話があり
から渡したいものがあるから来てくれ、と言われたんだそうだ
母は縁を切っているから関わらない、と答えたが代理人とやらは引き下がらない
じゃ、Aと直接会わなくていい
ですね。行くとと、(ううに来るのは代理人でも嫌いです。宅配便で送ったけれたら危険なものもかれない)出かけ
てみたら、その代理人がA家の前で新聞紙にくるまれたこの絵を抱えて待っていただだ。母はなんだこりゃ?と思ったがりあえず受取って帰っ
てきた。
開けたら油絵だった。母は思わず、喜んでしまったた。

これは母の故郷の風景で、描かれている家は母(とAを含む兄弟姉妹)の実家だそうだ。
描いた人は無名の画家で、母の祖父が何か世話をしたお礼に描いてくれたらしい。
母たちの生まれる前のことで、もう90年くらい昔の話だ。
この絵は実家に長く飾られていて、母たちもその絵を見て育った。
私が生まれた頃には実家は引っ越して絵もしまい込まれていたので、私はこの風景を知らない。
Aが遺産をひとり占めした時、この絵も含まれていたが価値のあるものでもなし、
誰も思い出さなかった。

私「なんで今さらくれる気になったんだろう?」
母あっさり「きっとA、タヒんだんでしょ」
私「でも連絡ないし……」
母「連絡しないんでしょ。どうせ誰も葬式なんか行かないし」
だとすると、代理人が連絡してきたことを考えて、Aは存命中に母にこの絵を譲るように言ったと思う。
なぜ他の兄弟姉妹でなく、母なのか。なぜこの絵だけなのか。Aが何を考えていたのかわからない。
でも、母が「実はこの絵だけは欲しかったの。あの時(相続争いの時)は言い出せなかったけど。
子供の頃の思い出がいっぱい詰まってるし」と喜んでいるので、まあいいか。
置き場所には困ってるけど。

 

 

170: 名無しさん@おーぷん 2015/11/06(金)19:17:13 ID:???
>>169
A「くっそ、嫌がらせのつもりやったのに喜びやがって」

 

171:名無しさん@おーぷん 2015/11/06(金)21:24:22 ID:???
>> 169
結局真実はわからぬまま

 

172:名無しさん@おーぷん 2015/11/07(土)11:50:36 ID:???
>> 169
念のために盗聴器を仕掛けていないかチェックした方がいいと思うよ
 
 
☆★☆カレンダーの裏@家庭板☆★☆